[DbD豆知識] 特殊攻撃一覧と関連パーク

2021-01-03

このページでは、特殊攻撃と見なされる攻撃と、それに関連するパークを紹介します。

キラーの行う攻撃は、キラーの通常の攻撃である「通常攻撃」と、キラーの特殊能力を用いた「特殊攻撃」に区別されます。
普段はそれほど違いを意識する必要はありませんが、「ずさんな肉屋」などの通常攻撃が条件のパークを使う場合は、どの攻撃が通常攻撃なのか、特殊攻撃なのかを知っておいた方がよいでしょう。

特殊攻撃一覧

特殊攻撃を一覧にしました。ここに書いていない攻撃は全て通常攻撃です。

  • トラッパー :トラバサミ
  • ヒルビリー :チェーンソー
  • ハントレス :投げ斧
  • カニバル  :チェーンソー
  • ピッグ   :奇襲
  • リージョン :愚連の狂乱発動中の攻撃
  • プレイグ  :汚濁の吐瀉(黒ゲロ)
  • デモゴルゴン:シュレッド
  • 鬼     :山岡の怒り発動中の棍棒攻撃
  • エクセキューショナー:地獄の罰
  • ブライト  :死の突進中の攻撃

特殊攻撃っぽい通常攻撃

↑の一覧だけで十分かとも思いましたが、せっかくなので、特殊攻撃と間違われがちな通常攻撃も一覧にしてました。

  • レイス     :透明化解除直後の攻撃
  • ナース     :ワープ直後の攻撃
  • シェイプ    :内なる邪悪Lv1の射程短めの攻撃、Lv3のワンパン攻撃
  • ハグ      :ワープ直後の攻撃
  • クラウン    :寸劇のトニック効果中の攻撃
  • スピリット   :山岡の祟り解除直後の攻撃
  • ゴーストフェイス:闇の抱擁発動中の攻撃、つけ回しによる無防備状態のサバイバーに対する攻撃
  • デススリンガー :鎖に繋がれたサバイバーに対する攻撃

通常攻撃でも特殊攻撃でもない行動

そもそも攻撃扱いにならない行動もまとめてみました。当然通常攻撃が条件のパークは発動せず、また「弄ばれる獲物」のトークンも減りません。

  • 全キラー    :キャッチ
  • トラッパー   :トラバサミの設置、トラバサミにかかったサバイバーを掴む行為
  • ハグ      :罠の設置
  • ドクター    :ショック療法、放電爆破
  • プレイグ    :黒死の吐瀉(緑ゲロ)
    2020/9/13現在、黒死の吐瀉でも蜘蛛トークンが減るようです。ただ、以前は減らなかったし、公式から全く告知も無かったのでバグかもしれません。
  • デススリンガー :銃の発射、命中
    2020/4/29のアプデから、銃の発射が攻撃と見なされるようになりました。
  • エクセキューショナー:トレイルの設置
  • ブライト    :突進(一度目の突進。攻撃出来ないやつ)、死の突進中の攻撃は蜘蛛トークンが減らない。
  • ツインズ      :ヴィクトルの飛びつき

通常攻撃に関係するパーク

  • ずさんな肉屋
    :通常攻撃を当てることが発動条件。
  • 無慈悲
    :短縮できるのは通常攻撃の失敗時のみ。
  • 呪術:誰も死から逃れられない
    :通常攻撃でしかワンパン出来ない。
  • 最後のお楽しみ
    :通常攻撃でしかポイントが溜まらず、減らない。(特殊攻撃では溜まらないが、減ることも無い。)
  • 呪術:第三の封印
    :通常攻撃を当てることが発動条件。
  • 呪術:貪られる希望
    :通常攻撃でしかワンパン出来ない。
  • フランクリンの悲劇
    :通常攻撃を当てることが発動条件。
  • リメンバー・ミー
    :通常攻撃でしかポイントが溜まらない。
  • 選択は君次第だ
    :通常攻撃でしかワンパン出来ない。
  • 呪術:霊障の地
    : 通常攻撃でしかワンパン出来ない。
  • 怨恨
    : 通常攻撃でしかワンパン出来ない。
  • アイアンメイデン
    : 通常攻撃でしかワンパン出来ない。
  • 闇の信仰心
    :通常攻撃を当てることが発動条件。
  • サージ
    :通常攻撃でダウンさせることが発動条件。
  • 変速機
    :通常攻撃でしかカウントが進まない。
  • 呪術:血の恩恵
    :通常攻撃を当てることが発動条件。
  • とどめの一撃
    :射程が延び、トークンが消費されるのは通常攻撃のみ。