[DbD]赤帯サバイバー200人の使用パーク調べてみた(2020年秋編)

このページでは、DbDの赤帯サバイバー200人のパークを調べた結果を、ランキングにして紹介します。
前回までは100人分でしたが、今回はやる気があったので倍の200人にしてみました。多少は正確になったんじゃないかと思います。

調査の条件は以下の通りです。

対戦日時 2020年10月31日~11月6日 
クロスプレイ オン
サバイバーのランク 4~1
対象の人数 200人
総使用パーク数 796個

あくまで筆者が目視で調べたものにすぎないため、参考程度にお願いします。気を付けたつもりではありますが、数え間違いや見間違いがないとも限りません。
(実際、「血族」と「執念の対象」を一度間違えました。後で気づいて訂正しましたが。)


参考のため、以下に前回の調査(2019年4月末)以降のアップデートでの、サバイバー側に関係する目ぼしい変化をまとめてみました。

  • 2020年4月29日
    様々なマップの弱体化(マップ縮小、強すぎる窓枠の削除など)
    複数人修理の弱体化(-10%から-15%に)
    「有能の証明」の強化(+10%から+15%に)
    ・発電機スキルチェックのgreatボーナスが2%から1%に。
  • 2020年6月17日 サイレント・ヒル チャプター配信開始
    キラー「エクセキューショナー」、サバイバー「シェリル・メイソン」、マップ「ミッドウィッチ小学校」追加。
    ・キラーのパーク「強制苦行」「煩悶のトレイル」「デスバウンド」、
     サバイバーのパーク「血の協定」「ソウルガード」「抑圧の同盟」追加
    ・クラウン強化(瓶投げ中の移動速度が変わらないように)
  • 2020年7月28日
    カニバル超強化。ヒルビリー弱体化。
    ・カニバル、ヒルビリーのパーク調整。
     「ガラクタいじり」強化。
  • 2020年9月9日 Decend beyond チャプター配信開始
    キラー「ブライト」、サバイバー「フェリックス・リクタ―」追加
    ・キラーのパーク「呪術:不死」「呪術:血の恩恵」「ドラゴンの掌握」、
     サバイバーのパーク「透視家」「苦肉の策」「耐久設計」追加
    ハッチと地下室の位置を指定するオファリングの追加。
  • 2020年10月20日
    ・エクセキューショナー微弱体化。
    ・様々なパークの調整
    「強硬手段」「ずっと一緒だ」強化。「イタチが飛び出した」弱体化。

前回の調査結果はこちらのページからどうぞ。

使用率トップ10

今回の調査で使用されたパークは全部で41種類でした。とりあえず、その中のトップ10を載せたいと思います。
残りはページの一番後ろに載せておくので、気になる方はそちらをご覧ください。

 

前回同様、効果の解説と個人的な感想を書きたいと思います。前回の順位も添えておきましたので、合わせてご覧ください。

1位:デッドハード 51% (前回: 2位 / 46%)

負傷中に走っている時、アビリティボタンを押すと、前方に素早くダッシュする。
ダッシュ中はダメージを受けない。
発動後、60・50・40秒間疲労状態となる。

短時間だけ無敵ダッシュが出来るようになるパーク。
ダッシュ系パークの中では一番汎用性が高いです。上級者向けみたいな顔してるけど、ヤバそうなときにボタン押すだけなのでそれほどでもないです。

腐ることがほとんど無く、強力なパークなので納得の順位です。

2位:決死の一撃 40.5% (前回: 1位 / 52%) 

決死の一撃 フックから救助されるか自力脱出すると40・50・60秒間、使用可能になる。
使用可能時間中にキラーに捕まった場合、スキルチェックに成功するとキラーの手から逃れ、5秒間スタンさせる。
このスキルチェックに成功しても失敗してもパークは無効化される。
スキルチェックに成功した場合、自分がオブセッション状態になる。

通称「DS」。キラーの肩をぶっ刺して●す非人道的なパーク。

キラーが考える最悪のパークランキング1位(筆者調べ)のこのパークですが、使用率は2位に留まりました。
前回よりも大分使用率が低くなったようです。実際、オブセが一人もいない儀式もそこそこある気がします。

3位:与えられた猶予 38.5%(前回: 4位 / 34%)

与えられた猶予 心音範囲内でフック救助をすると救助したサバイバーへ効果発動
救助後の15秒間、我慢のステータス効果を得る。我慢中は、攻撃を受けると瀕死の代わりに深手状態になる。
深手のタイマーは10・15・20秒。
もう一度攻撃を受けたり、深手のタイマーが切れると瀕死状態になる。

通称「ボロタイ」。心音範囲内で救助すると被救助者が無敵になるパーク。1

これまた強力なパークで、妥当な順位かと思います。
ただ、集計期間がbp2倍と被っていたので、救助ポイント狙いでのこのパークの使用率が上がっていた可能性があります。

4位:セルフケア 34.5%(前回: 3位 / 43%)

セルフケア 通常の50%の速度で自己治療ができるようになる。
自己治療での回復キット使用時、使用効率が10・15・20%上昇する。

自己治療が出来るようになるパーク。
すげー時間かかるけど、なんだかんだあると便利。

前回、前々回と続いて数が減っています。(51%→43%→34.5%)
不死破滅が強力過ぎて、セルフケアなんてしてる時間ねぇ!ってなったんですかね。

5位:鋼の意思 31%(前回: 5位 / 24%)

鋼の意思 負傷時の呻き声の大きさを50・75・100%少なくする。

負傷時のうめき声が出なくなるパーク。
キラーをする人は分かると思いますが、うめき声で見つけられることはかなり多いので、それを封じられるこのパークは強力です。

6位:凍り付く背筋 24.5%(前回: 5位 / 24%)

凍り付く背筋 キラーが36m以内にいて、こちらを見ている時発動、パークアイコンが光る。
発動中は
  • スキルチェック発動率が10%上昇する。
  • 修理・回復・破壊工作・フックからの救出・乗り越え・浄化・脱出ゲートの解放速度が2・4・6%上昇する。

通称「猫」。キラーの接近が分かるパーク。
隠密サバイバーの強い味方。ほとんどのパークが探知不可に無力化されるなか、なぜか許されているパーク。
キラー側としては見つけられないのが一番辛いので、ちゃんと状況判断が出来るサバイバーが付ければ非常に強力だと思います。

7位:全力疾走 18.5%(前回: 5位 / 24%)

ぜんりょくしっそう 走り始めたとき、通常の150%の速度で3秒間移動できる。
効果が発動すると60・50・40秒間疲労状態になる。

走り始めにめっちゃダッシュできるパークです。
普段あまり走れないというデメリットはありますが、効果量が大きく強力なパークです。最近増えてきた印象があります。キラー的には、デッハ警戒しなくていいので多少気が楽です。

余談ですが、ダッシュ系パーク2の合計使用率は82.5%でした。
筆者は何かしらのダッシュ系パークを付けてないと落ち着かないんですが、一般的にはそうでもないんでしょうか?

8位①:ずっと一緒だ 16.5%(前回:16位 / 5%)

瀕死状態のサバイバーへの治療速度が100%上昇する。
以下の条件によって、トークンを取得する。
・「安全な救助」をする。
・負傷したサバイバーを守るように攻撃を受ける。
・キラーに担がれている他のサバイバーを救助する。
最終獲得ブラッドポイントに獲得トークン1つ当たり25%、最大50/75/100%のボーナスBPを得る。

サバイバー版「バベチリ」と言えるパーク。
条件がありますが、bpが最大2倍になります。

前回集計からかなり使用率が上がりました。
おそらく、直近のアップデートで、ダウンしたサバイバーへの回復速度アップ効果が追加され、付けて行きやすくなったことが原因かと。
(以前はbpアップ効果しかなかったので、ちょっとひんしゅくだった。)

それから、集計期間がbp2倍期間と被っていたのもありそうです。というかこれが主な原因でしょう。2倍期間に集計するべきじゃなかったのでは???

8位② :血族 16.5%(前回:8位 / 18%)

自分が吊られているとき、他のサバイバー全員は互いのオーラが見え、
さらに、自分から8・12・16m以内のキラーのオーラも見える。

他のサバイバーが吊られている時、他のサバイバー全員のオーラが見え、
吊られているサバイバーから8・12・16m以内のキラーのオーラも見える

自分が吊られているとき、他のサバイバー達はお互いとフック近くのキラーが見えるようになり、さらに他人が吊られている時、自分は他の全てのサバイバーとフック近くのキラーが見えるようになるパーク。
吊られている時の動きは非常に大事で、戦局を大きく変えかねないものなので、そこで最適な動きをできる強力なパークです。

10位:ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ 13.5%(前回:11位 / 12%)

20m内の板・窓・破壊可能壁のオーラを常に表示する。
チェイス中に板・窓を使用した場合、30・25・20秒間効果が発動しない。

近くの板と窓が見えるパーク。
チェイスルートが分かりやすいので強力です。

前回と比べ、順位、使用率ともにほぼ変わらずでした。

おわりに

おおむね納得の結果でした。

前回との大きな違いは「ずっと一緒だ」の使用率アップでしょうが、bp2倍期間と集計期間が被っていたので、なんとも言えません。次の集計はちゃんと普通の時期にやりたいと思います。
もう少し下の順位を見ると、「逆境魂」もそこそこ増えています。不死破滅が増えたことで、一気に発電機を回し切ろうというサバイバーが増えたんでしょうか。
それから、同じく不死破滅対策になりうる「小さな獲物」「刑事の直感」も少しだけ増えたみたいです。

シェリルとフェリックスが追加され、パークも6つ増えましたが、いずれも使用率は微妙な感じです。ちょっとつまらないですね。

全パーク使用数ランキング

 

順位 パーク名 使用数 使用率 前回順位 前回使用率
1 デッド・ハード 102 51% 2 46%
2 決死の一撃 81 40.5% 1 52%
3 与えられた猶予 77 38.5% 4 34%
4 セルフケア 69 34.5% 3 43%
5 鋼の意思 62 31% 5 24%
6 凍りつく背筋 49 24.5% 5 24%
7 全力疾走 37 18.5% 5 24%
8 ずっと一緒だ 33 16.5% 16 5%
8 血族 33 16.5% 8 18%
10 ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ 27 13.5% 11 12%
11 有能の証明 25 12.5% 10 13%
12 24 12% 12 11%
14 しなやか 22 11% 14 9%
15 アドレナリン 16 8% 9 14%
16 きっとやり遂げる 12 6% 15 6%
17 都会の逃走術 9 4.5% 16 5%
17 逆境魂 9 4.5% 30 1%
17 内なる力 9 4.5% 13 10%
20 不滅 7 3.5% 23 3%
21 素早く静かに 6 3% ランク外
21 刑事の直感 6 3% ランク外
21 苦肉の策 6 3% 未実装
21 アフターケア 6 3% 20 4%
25 小さな獲物 5 2.5% ランク外
26 なし 4 2%  
26 スマートな着地 4 2% 16 5%
26 共感 4 2% 25 2%
29 リーダー 3 1.5% 25 2%
29 真っ向勝負 3 1.5% 25 2%
29 ディストーション 3 1.5% ランク外
29 執着心 3 1.5% ランク外
29 警戒 3 1.5% 25 2%
29 解放 3 1.5% 20 4%
35 予感 2 1% ランク外
35 身軽 2 1% ランク外
35 張り込み 2 1% 30 1%
35 寝ずの番 2 1% ランク外
35 独学者 2 1% ランク外
35 透視家 2 1% 未実装
35 魂の平穏 2 1% 23 3%
35 植物学の知識 2 1% 25 2%
35 執念の対象 2 1% ランク外
35 英雄の奮起 2 1% ランク外
35 一緒にいよう 2 1% 30% 1%
46 抑圧の同盟 1 0.5% 未実装
46 ボイルオーバー 1 0.5% ランク外
46 人々のために 1 0.5% 20% 4%
46 突破 1 0.5% ランク外
46 血の協定 1 0.5% 未実装
46 ダンスウィズミー 1 0.5% ランク外
46 耐久設計 1 0.5% 未実装
46 ソウルガード 1 0.5% 未実装
46 セカンドウインド 1 0.5% 30 1%
46 執念 1 0.5% 30% 1%
46 サボタージュ 1 0.5% ランク外
46 コソ泥の本能 1 0.5% 16 5%
46 強硬手段 1 0.5% ランク外
46 オフレコ 1 0.5% 30 1%
46 おとり 1 0.5% ランク外
46 置き去りにされた者 1 0.5% ランク外
  合計 800      

脚注

  1. 深手(笑)。これの強化とDSの仕様変更で、無理救助という言葉が死語と化した。
  2. 「デッドハード」、「全力疾走」、「スマートな着地」、「しなやか」