[DbD] プレステージ別 ブラッドウェブ レア度調査!(レベル1~50)

このページでは、プレステージごとのキラー(鬼)のブラッドウェブに出現したアイテム(アドオン、オファリング)のレア度を調査した結果を紹介します。

筆者は割とプレステージを回すタイプなのですが、回したところで大してアイテムのレア度がアップしていないように以前からずっと感じていました。そこで先日新キラー「鬼」が追加された時、そのレベル上げとプレステージ上げの際に、同時にブラッドウェブに出現したアイテムのレア度を調査しようと考えました。途中で他のキラーのレベルを上げてしまったりして大分時間がかかってしまったのですが、先ほどついにプレステージⅢ、レベル50まで上げられたので、結果をまとめて紹介したいと思います。

注意点として、今回の調査の対象はレベル1~50までです。そのためレベル50以降もブラッドウェブを回すという実際の環境とはやや違いがあります。参考程度にお願いします。

最初に筆者が下した結論を書きますと

変化なし!もしくは死ぬほどレア度上昇幅小さい

です。
以降は細かい結果について書いてきます。

出現数の合計(アドオン、オファリング)

まずはブラッドウェブに登場したアイテムの具体的な数について書きます。

どの項目についても、上がったり下がったりしていて、プレステージごとの法則性はないように思えます。またどのプレステージにも共通して、オファリングの合計数よりもアドオンの合計数の方が多いようですが、その割合にはプレステージを上げる影響がないように見えます。

アドオンのレア度割合

次に、アドオンのレア度について見ていきます。具体的な数は↑の表の通りなので、割合についての表とそれについてのグラフだけを貼ります。

…あんまり変わらないですね。コモンに至ってはプレステージⅢが一番多いという体たらくです。少なくとも右肩上がり、下がりの項目は一つもありません。

オファリングのレア度割合

続いて、オファリングについても同様に示します。

こちらについても、レア度の上昇は感じられません。

アドオン+オファリング レア度割合

ここまでの時点でもはや意味が無いような気もしますが、最後にアドオンとオファリングの合計のレア度割合について示します。

前の二項目に比べ、凹凸が少なくなっているように感じます。当然ながら、プレステージの上昇に伴って単調増加、減少しているレア度はありません。

まとめ

レベル1~50の間では、プレステージを上げることによるレア度の上昇は見られませんでした。
個人的には「やっぱりね」という感想です。

より実際の環境に近い、レベル50以降についてもそのうち記事を書く予定ですが、かなり後になると思います。bp2倍早く来ないかなぁ…