[DbD]鬼 おすすめパーク15選!

2020-10-21

このページでは、鬼におすすめのパークを15個、紹介、解説します。また、オマケとして固有パーク3種についても解説しています。

鬼は、末裔である山岡凜に次ぐ第二の日本人キラーです。PTBでは強すぎると判断されたのか、かなりの弱体化をされて本実装されましたが、その後のアップデートで複数回にわたり強化されています。そこも凜と似ていますね。

さて、さっそくパークの紹介に移りたいと思います。

おすすめパーク一覧

おすすめ度別にパークアイコンを並べました。気になるものをクリックしてみてください。

 

A   イタチが飛び出した 呪術:破滅
B  バーベキュー&チリ 戦慄 堕落の介入興奮 ずさんな肉屋 不協和音 観察&虐待 野蛮な力伝播する怖気 ガラクタいじり 不屈+怨霊の怒り
C  縄張り意識  

オススメ度:A 

イタチが飛び出した

イタチが飛び出した 生存者をフックに吊るした後、最初に蹴った発電機の修理進行度が25%後退する。
この効果が発動出来るのは、吊るした後35・40・45秒間のみ。

よく「イタチ」と略されます。吊った後、最初に蹴った発電機の修理進行度を大幅に後退させます。

非常に強力なパークです。最近は全てのキラーで採用されますが、特に高速移動できるキラーとの相性は抜群。
鬼は鬼の進撃を発動すれば、高速で移動出来るので、遠くでも効率よくぶち込めるでしょう。後述の「バーベキュー&チリ」や「戦慄」などの探知パークと組み合わせて使いたいです。

まやかし

まやかし 窓を越える速度が5・10・15%増加する。
越えた窓は8・12・16秒間封鎖され、その間サバイバーは通行できない。
一度に封鎖される窓は1つのみ

窓越え速度が上がり、さらに窓を封鎖できるパークです。

これまた強力なパークで、窓を無視できる一部のキラーを除いて、全てのキラーで採用候補に挙がります。鬼も例外ではなく、チェイスは徒歩で行うため、このパークがあると非常に便利です。

呪術:破滅 + 呪術:不死

呪術:破滅 「呪術:破滅」
トーテムが一つ呪いのトーテムに置き換わる。
修理中でない発電機は通常の100・150・200%の速さで修理進行度が減少する。
対象の呪いのトーテムが破壊されると、上記の効果は失われる。

サバイバーが発電機から手を離すと、自動的に発電機の進行度が後退し始めるパークです。

減少速度は割と速く、トーテムが生き残っている限りは非常に強いパークと言えるでしょう。
その性質上、発電機を蹴ることで発動する「イタチが飛び出した」などとは相性が悪いですが、呪いのトーテムが破壊された後のことを考えて併用するのはありです。

また、「監視」との組み合わせも非常に強力です。
破滅での後退も監視の対象となるため、すべての発電機が触れられた瞬間に分かる状態になります。

「呪術:不死」
・トーテムが一つ呪いのトーテムに置き換わる。
・「呪術:不死」以外の呪いのトーテムが破壊されたとき、通常のトーテムが一つ呪いのトーテムになり、呪いが持続する。
通常のトーテムが残っていない場合、この効果は発動しない。
・トーテム(通常のトーテムと呪いのトーテム両方)の2m以内にサバイバーが近づいたとき、そのサバイバーが2・4・6秒間見える。

対象の呪いのトーテムが破壊されると、上記の効果は失われる。

呪いのトーテムが破壊されたとき、呪いを他のトーテムに移動させてくれるパークです。

このパークのおかげで、安定しなかった呪術パークがかなり長生きしてくれることがあります。
ただし、「呪術:不死」のトーテムが破壊された場合、それ以降は呪い移動効果が失われるので注意が必要です。


破滅+不死は、強力な遅延パークであるものの安定感が無いという破滅の弱点を、不死で補うという組み合わせです。運が良ければ、呪いのトーテムが壊れども壊れども破滅が生き残り、延々と発電機が進まない状況を作り出せることがあります。
一方で、レアケースですが不死→破滅の順で破壊され、数分で2パークになってしまうこともあります。

鬼は高速移動が出来るキラーなので、トーテムも守りやすくぼちぼち相性が良いかと思います。

オススメ度:B 

バーベキュー&チリ

バーベキュー&チリ 生存者をフックに吊るした際、40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。
生存者を初めて吊る度に、ポイントを1つ取得する。(最大2・3・4個)
1個につき最終獲得BPが25%増加する。 (最大:50・75・100%)

獲得bpを最大2倍にするパークです。
オマケとして、吊った時に遠くのサバイバーを発見できる効果もあります。

このパークがあれば、サバイバーを吊るした後どこに向かうべきかの方針が立てやすくなります。発見出来たら、進撃を発動してダッシュしましょう。

戦慄

戦慄 生存者を担いだ時、修理中でない発電機すべてがブロックされ、16秒間修理不能になる。
ブロックされている発電機は白くハイライトされる。
一度発動すると、次の発動まで100・80・60秒のクールタイムが必要。

サバイバーを担いだ時に修理中の発電機がわかります。

バベチリ同様、吊った後の進路の決定に役立ちます。バベチリよりも発電機に対する探知性能は高いですが、それ以外の遠くのサバイバーは見えないことと、クールタイムがそこそこ長いことがややネックです。最大の欠点はbp増が無いことですが。

堕落の介入

堕落の介入 儀式開始時に、殺人鬼から一番離れた位置にある3つの発電機が80・100・120秒間ブロックされ、修理不能になる。

開始2分間、遠くの発電機をブロックできるパークです。
ただし発動時間は2分間きっかりなので、それ以降は全く役に立ちません。
それまでに頑張って見つけて斬りつけましょう。

興奮

興奮 サバイバーを担いでいる時、心音範囲が12m広がり、移動速度が6・12・18%上がる。

サバイバーをより遠くのフックまで連れていけるパークです。

発電機を固めたところに持っていきやすいほか、やや遠くからでも地下に連れて行けるようになります。
鬼はカニバルに次ぐほど地下吊りが強力なキラーなので、相性が良いです。

ずさんな肉屋

ずさんな肉屋 サバイバーに通常攻撃を当てると効果発動
サバイバーの出血量が少し・普通・大きく上昇し、
重傷状態(治療速度-20%)を付与する。

「肉屋」「豚」とも。治療を遅くさせるのが主な目的で使用されます。

鬼と対戦中のサバイバーは、負傷中に血の球を落とすようになります。このパークがあると負傷時間が長くなり、またセルフケアを諦めるサバイバーも多いため、 落とす血の球も多くなり、山岡の怒りを発動させやすくなるでしょう。
当然治療時間が長くなる効果も、遅延として有効です。

棍棒での攻撃には効果が乗らないため注意。

不協和音

不協和音 32・64・96m 以内の発電機を2人以上の生存者が同時に修理すると通知音が鳴る。
その後2人以上で修理中と、修理終了後8秒間はその発電機が黄色く表示される。

複数人で発電されると通知が来ます。うるさいです。

割と発動機会が多く、確実に2人以上の動きが分かる強力なパークです。山岡の怒り発動中なら連続ダウンも出来るでしょうし、そうでなくても二人に負傷を与える動きは強力です。連続ダウンの方は、「伝播する怖気」があるとさらに狙いやすいです。

観察&虐待

観察&虐待 非チェイス中、心音範囲が8m狭くなり、視界が3・5・10°広がる。
チェイス中は心音範囲が8m増加する。

心音が狭まったり広くなったりするパークですが、主に狭くなることでサバイバーに近づきやすくなることが目的で使われます。

鬼は、何においてもサバイバーを斬りつけなければ始まらないキラーです。逆に、負傷させさせられれば血の球を落とすようになるため、他キラーに比べ大きなアドバンテージを得られます。
その大事な初撃を当てやすくする、このパークはかなり有用です。

野蛮な力

野蛮な力 板と発電機を破壊する速度が10・15・20%上昇する

発電機と板を蹴る速さが上がるパークです。

まやかしの方が優先度は高いですが、チェイスを短縮できる可能性のあるパークなので便利ではあります。

伝播する怖気

伝播する怖気

サバイバーをダウンさせたとき、心音範囲内の他のサバイバーが叫び声を挙げ、位置が分かる。

連続でのダウンが狙いやすくなるパークです。

当然、血の怒り発動中の連続ダウンを狙うのに役立ちますし、普通に刀でダウンさせた後、他のサバイバーを負傷させる動きも強力です。
板付近でダウンした際の板スタン救助や、ライト救助を狙うサバイバーの対策にもなります。

棍棒でダウンさせた際の叩きつけるモーションが長いため、パークレベルが低いと見つけられないことがあります。出来ればⅢにして使いたいです。

不屈 + 怨霊の怒り

不屈 板によるスタン時間を40・45・50%短縮する
怨霊の怒り

4・3・2個の板を破壊すると効果が発動。
次に板でスタンした際、瞬時にその板を破壊する。

板を2枚割って、怨霊の怒りのチャージ完了後、あえて板につっこみ破壊、不屈で短くなったスタン時間のおかげで、すぐさま攻撃可能になる組み合わせです。発動すればほぼ確実に一撃いれられます。
仮に攻撃が当たらずとも、板2枚ごとに1枚、無料で破壊できるということなので強力です。

通常時にチャージしておいて棍棒での一撃必殺を狙うのも良いですし、棍棒でのやや高速板割りでチャージするのも良いでしょう。

ガラクタいじり

ガラクタいじり

発電機の修理進行度が70%に達したとき、その発電機が通知され12・14・16秒間探知不可状態になる。

完了しそうな発電機が通知され、さらに探知不可になることで接近も容易になるパークです。

アップデートによる強化で有用性が一気に増したパークです。発電状況の管理にも便利。
通知が来たら無音で突っ走りましょう。ダウンからのイタチまで入れられたら最高です。

オススメ度:C

縄張り意識

縄張り意識 地下室から32m以上離れている状態で、地下室にサバイバーが侵入した時、
通知音とともにパークアイコンが光り、サバイバーを3秒間可視表示する。

地下室にサバイバーが入った時に分かるパークです。

すぐに山岡の怒りを発動し、ダッシュで向かえば連続地下吊りを狙えるでしょう。地下に吊れなければ無意味なパークなので、「興奮」と組み合わせて使いたいです。

通知音が小さく、聞き逃してしまいがちなので注意。

番外:鬼の固有パーク

まだパークの揃っていない初心者の方のために、固有パークについても解説します。こちらのページでキラーの共通パークについて解説しているので、合わせて見てパーク構成を考えてもらえたら良いかと思います。

鬼の固有パークは「残心の戦術」「血の共鳴」「天誅」の3つです。

残心の戦術

残心の戦術 24m以内の板と窓のオーラが見えるようになる。
サバイバーを負傷させると、40・35・30秒間無効となる。

おすすめ度:C未満

近くの板と窓が見えるパークです。サバイバー側の似たパーク「ウインドウズ・オブ・オポチュニティ」は強パークとして有名ですが、こちらは正直弱いパークです。サバイバーは自分で逃げる先を決定できますが、キラーは追いかけることしかできないためです。あくまで見えるだけであり、その使用を阻止したりはできません。いらないです。

血の共鳴

血の共鳴 サバイバーをフックに吊るしたとき、他の負傷中のサバイバーが出血状態になり、45秒間疲労状態になる。
一度発動すると、再発動に80・70・60秒必要。

おすすめ度:C未満

吊った時、他の負傷者が多めに出血し、疲労状態になるパークです。落とす血の球の量は変わりません。

効果自体は弱くありませんが、鬼は負傷をばら撒きやすい訳でもなく、むしろ血の球を嫌って回復されやすいため、相性は良くないです。

天誅

天誅

板やライトなどによってスタンさせられたとき、スタンさせたサバイバーがオブセッションになり、45秒間忘却状態になり、4秒間可視化される。

おすすめ度:C未満

スタンした際、スタンさせたサバイバーにオブセッションが移り、忘却状態になるパークです。

単体ではあまり役に立ちません。オブセッションを召喚できるという効果を生かして「弄ばれる獲物」1や「闇の信仰心」2と併用するのが常套手段です。しかし、鬼はそれらのオブセッション関係パークのどれとも相性が良くなく、さらにパーク枠を2つも使ってしまうため、使う意味は薄いかと思います。

パーク構成について

鬼はまず負傷をさせないと始まらないキラーなので、「不協和音」や「観察&虐待」、「囁き」3などの索敵パークを一つは採用したいです。また、通常時はチェイス補助能力を持たないため、チェイスパークも出来れば持っていきたいところ。一枠だけなら「まやかし」が特に優秀なのです。二枠割けるなら「不屈」と「怨霊の怒り」の組み合わせもオススメ。残りの枠は、上記のおすすめパーク群から好きなものを選んでもらえば、ぼちぼち戦えるかと。

例によって、パーク構成例をいくつか置いておきます。

  • 観察&虐待 + バーベキュー&チリ + まやかし + イタチが飛び出した 
    バランス型の構成。迷ったらこれ。

  • 不協和音 + 観察&虐待 + イタチが飛び出した + ずさんな肉屋
    索敵と遅延重視の構成。チェイスパークが無いので、深追いせず負傷をばら撒くことを意識すべし。

  • 観察&虐待 + まやかし + 不屈 + 怨霊の怒り
    チェイス特化の構成。遅延パークが無いが、吊ることが一番の遅延なので問題なし。がんばって吊ろう。

  • ずさんな肉屋 + 囁き + 呪術:誰も死から逃れられない + 影の中の密偵
    共通パークと固有パークだけの構成。と言ったが、固有パークが不甲斐ないので共通パークだけで組んだ。
    強い構成とは口が裂けても言えないので、お試し用に。真面目に使いたいならティーチャブルの解放がんばって!

おわりに

以上、鬼のおすすめパークを15個紹介しました。参考になれば幸いです。

脚注

  1. オブセッションを逃がす度、移動速度が上がるパーク。
  2. オブセッションを殴ると、オブセッションに心音範囲が移るパーク。
  3. 付近にサバイバーがいるか分かるパーク。共通パーク