[DbD]エクセキューショナー おすすめパーク15選!

2020-10-21

このページでは、エクセキューショナーにおすすめのパークを15個、紹介、解説します。また、オマケとして固有パーク3種についても解説しています。
全アドオン評価はこちらのページで、使い方はこちらのページで解説しています。併せてどうぞ。

エクセキューショナーは、我が国日本のゲーム会社コナミのゲーム「サイレントヒル」からのコラボキラーです。ゲームからのコラボはLeft 4 Deadからのビル爺以来で、かなり久しぶりだったので筆者は非常にびっくりしました。というか公式発表出るまで絶対ガセネタだと思ってました。はい。
なんにせよ、この前例が出来たことで他のゲームからのコラボの可能性も出てきました。期待が膨らみますね。

さて、さっそくパークの紹介に移りたいと思います。

おすすめパーク一覧

おすすめ度別にパークアイコンを並べました。気になるものをクリックしてみてください。

 

A 堕落の介入 イタチが飛び出した 呪術:破滅
B 興奮  不協和音 観察&虐待  
C  バーベキュー&チリずさんな肉屋野蛮な力伝播する怖気 ナースコール 地獄耳  

オススメ度:A 

3つのパークをAとしましたが、エクセキューショナーに関してはAとBの差がほとんど無いと考えて欲しいです。正直特別に相性が良いと言えるパークは無いかと思います。

堕落の介入

堕落の介入 儀式開始時に、殺人鬼から一番離れた位置にある3つの発電機が80・100・120秒間ブロックされ、修理不能になる。

開始2分間、遠くの発電機をブロックできるパークです。
ただし発動時間は2分間きっかりなので、それ以降は全く役に立ちません。

初動で発電機がポンポンつくのをある程度抑えてくれます。
歩いて移動するしかないエクセキューショナーにとっては、かなりありがたいパークです。

イタチが飛び出した

イタチが飛び出した 生存者をフックに吊るした後、最初に蹴った発電機の修理進行度が25%後退する。
この効果が発動出来るのは、吊るした後35・40・45秒間のみ。

よく「イタチ」と略されます。吊った後、最初に蹴った発電機の修理進行度を大幅に後退させます。

非常に強力な遅延パークです。最近は全てのキラーで採用されます。
エクセキューショナーは贖罪の檻に送ったり、最後の審判をした後は発動出来ないため、どちらかというと相性は悪めです。
しかし、それを差し引いてもなお強力なのでAランクとしました。

呪術:破滅 + 呪術:不死

呪術:破滅 「呪術:破滅」
トーテムが一つ呪いのトーテムに置き換わる。
修理中でない発電機は通常の100・150・200%の速さで修理進行度が減少する。
呪いのトーテムが破壊されると、上記の効果は失われる。

サバイバーが発電機から手を離すと、自動的に発電機の進行度が後退し始めるパークです。
減少速度は割と速く、トーテムが生き残っている限りは強いパークと言えるでしょう。
その性質上、発電機を蹴ることで発動する「イタチが飛び出した」「オーバーチャージ」などとは相性が悪いですが、呪いのトーテムが破壊された後のことを考えて併用するのはありです。
「監視」との組み合わせは非常に強力。

「呪術:不死」
・トーテムが一つ呪いのトーテムに置き換わる。
・「呪術:不死」以外の呪いのトーテムが破壊されたとき、通常のトーテムが一つ呪いのトーテムになり、呪いが持続する。
通常のトーテムが残っていない場合、この効果は発動しない。
・トーテム(通常のトーテムと呪いのトーテム両方)の2m以内にサバイバーが近づいたとき、そのサバイバーが2・4・6秒間見える。

対象の呪いのトーテムが破壊されると、上記の効果は失われる。

呪いのトーテムが破壊されたとき、呪いを他のトーテムに移動させてくれるパークです。
このパークのおかげで、安定しなかった呪術パークがかなり長生きしてくれることがあります。
ただし、「呪術:不死」のトーテムが破壊された場合、それ以降は呪い移動効果が失われるので注意が必要です。


破滅+不死は、強力な遅延パークであるものの安定感が無いという破滅の弱点を、不死で補うという組み合わせです。運が良ければ、呪いのトーテムが壊れども壊れども破滅が生き残り、延々と発電機が進まない状況を作り出せることがあります。
一方で、レアケースですが不死→破滅の順で破壊され、数分で2パークになってしまうこともあります。

オススメ度:B 

まやかし

まやかし 窓を越える速度が5・10・15%増加する。
越えた窓は8・12・16秒間封鎖され、その間サバイバーは通行できない。
一度に封鎖される窓は1つのみ

窓越え速度が上がり、さらに窓を封鎖できるパークです。

すべての徒歩キラーで役に立つパークです。
エクセキューショナーは地獄の罰があるため、多少は窓枠に強いですが、それでもこのパークがあると便利な場面は多いです。

興奮

興奮 サバイバーを担いでいる時、心音範囲が12m広がり、移動速度が6・12・18%上がる。

サバイバーをより遠くのフックまで連れていけるパークです。
発電機を固めたところに持っていきやすいほか、やや遠くからでも地下に連れて行けるようになります。

あまり言われてはいませんが、エクセキューショナーはかなり地下吊りが強力なキラーです。
階段の上にトレイルを敷き詰めておけば、救助されたサバイバーが逃げる際、煩悶状態にならざるを得ず、「決死の一撃」を恐れずにトンネルが出来るためです。また、救助を行ったサバイバーも大体煩悶になってくれます。
ということで、地下吊りを狙いやすくなるこのパークはなかなかおすすめです。

贖罪の檻に送る際は担がないので、このパークの恩恵も受けられませんが、まぁそんなポンポン送るものでも無いので良いかと思います。

不協和音

不協和音 32・64・96m 以内の発電機を2人以上の生存者が同時に修理すると通知音が鳴る。
その後2人以上で修理中と、修理終了後8秒間はその発電機が黄色く表示される。

複数人で発電されると通知が来ます。

割と発動機会が多く、確実に2人以上の動きが分かる強力なパークです。
エクセキューショナーは高速移動も隠密能力も持たないキラーなので、索敵パークをなるべく採用したいです。その索敵パークの中では、これが一番優秀だと思います。

観察&虐待

観察&虐待 非チェイス中、心音範囲が8m狭くなり、視界が3・5・10°広がる。
チェイス中は心音範囲が8m増加する。

心音が狭まったり広くなったりするパークですが、主に狭くなることでサバイバーに近づきやすくなることが目的で使われます。

上の不協和音同様、索敵パークの枠に採用します。どちらも強力なので好きな方をどうぞ。

 

監視

修理進行度が後退中の発電機を白く強調表示する。
さらに、その発電機が触られた際、8・12・16秒間黄色く強調表示する。

発電機の修理音が聞こえる範囲が8m増加する。

蹴った発電機を監視の対象とし、その後触られると分かるパークです。

索敵パーク枠その3。また、発電機の管理がやりやすくなります。
単体でもなかなか便利ですが、特定のパークとの組み合わせでより強力になります。
「イタチが飛び出した」採用時なら、一度のキックで同時に仕込めるためちょっとお得。
「呪術:破滅」と組み合わせると、一度でも触られた発電機全てが常時監視対象になり、次に触られた瞬間に分かるため非常に強力です。

オススメ度:C

バーベキュー&チリ

バーベキュー&チリ 生存者をフックに吊るした際、40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。
生存者を初めて吊る度に、ポイントを1つ取得する。(最大2・3・4個)
1個につき最終獲得BPが25%増加する。 (最大:50・75・100%)

獲得bpを最大2倍にするパークです。
オマケとして、吊った時に遠くのサバイバーを発見できる効果もあります。

エクセキューショナーは徒歩キラーなので、見えたところで状況判断くらいにしか使えません。そもそも映らないことも多く、状況判断にも微妙です。
贖罪の檻送りにしたときに発動しないのも嫌ですね。トークンすら溜まりませんし。
でもやっぱりbpは欲しいので付けても良いと思います。筆者はときどき付けます。

ずさんな肉屋

ずさんな肉屋 サバイバーに通常攻撃を当てると効果発動
サバイバーの出血量が少し・普通・大きく上昇し、
重傷状態(治療速度-20%)を付与する。

 「肉屋」「豚」とも。治療を遅くさせるのが主な目的で使用されます。

条件が緩い割りにしっかり遅延してくれるので、パークが揃っていないうちは便利だと思います。
地獄の罰には効果が乗らないため注意。

野蛮な力

野蛮な力 板と発電機を破壊する速度が10・15・20%上昇する

発電機と板を蹴る速さが上がるパークです。

まやかしの方が優先度は高いですが、チェイスを短縮できる可能性のあるパークなので便利ではあります。
でも、地獄の罰チャレンジ1したりもするので微妙かも。

伝播する怖気

伝播する怖気

サバイバーをダウンさせたとき、心音範囲内の他のサバイバーが叫び声を挙げ、4・5・6秒間位置(叫び声が挙がった場所)が通知される。

連続でのダウンが狙いやすくなるパークです。

吊り→贖罪の檻などで、早々にリーチまで追い込んだサバイバーを発見、一人を退場させるのに役立ちます。…そう思って使ってみましたが、実際はなかなかうまくいきませんでした。不協和音とかの方がいいと思います。
あ、ダウンさせたサバイバーが煩悶状態なら、すぐに檻送りにして追いかけられるので便利でした。

看護婦の使命

ナースコール 20・24・28m以内で治療中のサバイバーのオーラが見える。

治療中のサバイバーが見えるパークです。
エクセキューショナーは心音範囲が32mのため、そのままだと探知範囲に入る前に気づかれてしまいます。それを嫌うなら「観察&虐待」と併用し、心音範囲を狭めましょう。

地獄の罰は範囲内の全てのサバイバーを攻撃出来るため、このパークで発見して一網打尽に出来ると非常に気持ちがいいです。
しかしながら、地獄の罰の範囲は8mしかないため、なかなか難しいと言わざるを得ません。
どうしても狙いたいなら「煩悶のトレイル」や「闇の信仰心」、「ガラクタいじり」などと併用し、探知不可状態になって接近しましょう。

地獄耳

地獄耳 48m以内のサバイバーが急いだ行動 ( 高速・中速窓越え、高速板越え、高速ロッカーイン・アウト ) をした後、6秒間オーラが見える。

一度発動すると、再発動に60・50・40秒必要。

特定のアクション後にサバイバーがの姿が見えるパークです。

窓越えしたサバイバーの動きが分かるため、地獄の罰を狙いやすいです。サバイバーからしても、視界外からの回避はなかなか難しいです。
難点は、クールタイムが非常に長いことです。一度発動するとそのチェイス中での再発動はまずないでしょう。出来た場合は追いすぎです。通電します。
地獄の罰の範囲外で窓越えされたり、目の前で板越えされたり、殴った後の硬直中に窓越えされたりなど、意図せず発動してしまうことも多くあり、使いづらさが目立ちます。
便利なときは便利なんですけどね。

残心の戦術

残心の戦術 24m以内の板と窓のオーラが見えるようになる。
サバイバーを負傷させると、40・35・30秒間無効となる。

近くの板と窓が見えるパークです。
地獄耳同様、地獄の罰を当てやすくするために使います。あらかじめ板や窓の場所を把握することで、発動が間に合わなかった、という事態を減らせます。
世間の評価はひどいものですが、筆者はなかなか便利だと思っています。

ですが、やはりクールタイムが長いのがネックです。1撃目か2撃目のどちらかにしか発動してくれません。

番外:エクセキューショナーの固有パーク

まだパークの揃っていない初心者の方のために、固有パークについても解説します。こちらのページでキラーの共通パークについて解説しているので、合わせて見てパーク構成を考えてもらえたら良いかと思います。

エクセキューショナーの固有パークは「強制苦行」「煩悶のトレイル」「デスバウンド」の3つです。

強制苦行

サバイバーが他のサバイバーをかばって攻撃を受けたとき、
そのサバイバーを60・70・80秒間衰弱状態にする。

おすすめ度:C未満

肉壁をしたサバイバーを衰弱状態にするパークです。

本実装の際に効果時間がかなり伸びましたが、それでも使い道は少ないと思います。
肉壁が条件のサバイバーのパーク「英雄の奮起」が死ぬほど発動しずらいように、サバイバーが肉壁をする場面はかなり少ないためです。また仮にその場面があったとして、衰弱状態にしたところで直接遅延ができるわけでもなく、60秒間他のことをされた後に回復されておわりでしょう。肉壁したサバイバーにターゲットを変えた場合は、当然無意味になります。

煩悶のトレイル

発電機を破壊すると、探知不可状態になる。
サバイバーには蹴られた発電機が黄色く強調表示され、サバイバーがその発電機を触るか、誰かが負傷するまで探知不可は持続する。
一度発動すると、再使用には80・70・60秒必要。

おすすめ度:C

発電機を蹴った後に心音を消せるパークです。サバイバーはその発電機を触ることで探知不可を解除できます。

自発的に心音を消せる数少ないパークの一つです。
エクセキューショナーは索敵が苦手なキラーなので、このパークもぼちぼち便利だとは思います。
ただ、クールタイムが長いこと、効果時間が安定しないことが痛いです。解除されても特に通知は無いので、気が付かないことも良くあります。

パークが揃っていないうちは採用しても良いかと思いますが、最終的にはあまり使わないパークになるかと。

デスバウンド

キラーから32m以上離れた場所で、サバイバー(以降Aとする)が他のサバイバー(以降Bとする)を治療すると発動。Aが叫び声を挙げキラーに位置が通知される。
さらにその後60秒間、AはBから16・12・8m以上離れると忘却状態になる。

おすすめ度:C

治療が終わると治療したサバイバーが忘却状態になるパークです。叫び声が聞こえた地点には、必ず2人以上がいるので状況判断にも使えます。

エクセキューショナーは別に負傷をばら撒きやすいキラーではないので、相性は良く無いと思います。
が、これもまた一種の索敵パークになりうるので、パークが無いうちは使っても良いでしょう。

パーク構成について

何度も書いた通り、エクセキューショナーは探知、隠密能力や高速移動を持たないキラーであるため、索敵パークは必ず持っていくべきだと思います。筆者は「不協和音」が一番好みですが、他のパークでも悪くありません。お好きなのをどうぞ。
また、遅延能力も無いので、そこも補いたいです。「堕落の介入」が一番優秀だと思うので、なるべくこれの採用をオススメします。そのうえで、試合中盤以降にも使えるよう、もう一枠遅延パークを採用したいです。
さて、参考のため、筆者の考えるパーク構成をいくつか紹介します。

  • 堕落の介入 + イタチが飛び出した + 不協和音 + まやかし
    筆者が良く使う構成。徒歩キラーのテンプレみたいな感じ。

  • 呪術:破滅 + 監視 + イタチが飛び出した + まやかし
    破滅監視構成。破滅破壊後を考えてイタチも採用。最後の一枠は自由枠。ハマれば強い。

  • イタチが飛び出した + 観察&虐待 + 看護婦の使命 + 煩悶のトレイル
    ナスコで探知して地獄の罰をぶち当てたい構成。決まるととても気持ちが良い。
    一応、通常状態でも観察&虐待でナスコの範囲内には入れる。

  • ずさんな肉屋 + 囁き + 呪術:誰も死から逃れられない + 煩悶のトレイル
    共通パークと固有パークだけの構成。お試し用に。
    囁きのレベルが低いなら、デスバウンドの方がいいかも。

おわりに

以上、エクセキューショナーのおすすめパークを15個紹介しました。参考になれば幸いです。

脚注

  1. 割らない限り逃げ場のない板ポジに追い込んだあと、当たるまで地獄の罰を繰り返すこと。早めに当てられれば良いが、こだわりすぎて死ぬほど時間がかかることも。筆者命名。