[DbD]デモゴルゴンおすすめパーク15選!

2021-01-06

巷では、いまいち強くない、キモイ、うるさいと散々な評判のデモゴルゴンくん。しかし実装直後の超強化もあり、現在は十分ポテンシャルのあるキラーだと筆者は考えています。
私は彼(?)のルックスをとっても気に入っており、早々にプレステージ3、Lv50まで上げ、今でもよく使用しています。そこで、私が考えるデモゴルゴンにおすすめのパークを約15個、紹介します。
ついでに、それらを使用したパーク構成の例もいくつか挙げたいと思います。読者の皆様の参考になれば幸いです。

パーク構成のページはページ一番下か、こちらから。

立ち回りについてはこちらのページで、おすすめのアドオンについてはこちらのページで解説しています。よろしければどうぞ。

おすすめパーク一覧

いきなりですが、おすすめ度別にパークアイコンを並べました。気になるものをクリックしてみてください。

 

A  イタチが飛び出した 堕落の介入 呪術:破滅
B 選択は君次第だ バーベキュー&チリ 戦慄 不協和音 興奮   ガラクタいじり 不屈+怨霊の怒り
C ナースコール 観察&虐待 監視 最後のお楽しみ 

オススメ度:A 

イタチが飛び出した

イタチが飛び出した 生存者をフックに吊るすと効果発動。
発電機を破壊行動した際、即座に修理進行率を25%後退させる。
毎回吊るした後から1台目の発電機の破壊行動のみ有効。
このパーク効果は35・40・45秒の時間制限がある。

よく「イタチ」と略されます。吊った後、最初に蹴った発電機の修理進行度を大幅に後退させます。アップデートによって時間制限が緩くなったことで、一気に有用性が増したパークです。
デモゴルゴンはポータルで遠くの発電機にも駆けつけられるため、相性が良いほうでしょう。

これ単体でも十分使えるパークですが、後述のバーべキュー&チリ、戦慄、 不協和音 、監視などのパークと組み合わせることで真価を発揮します。

堕落の介入

堕落の介入 儀式開始後80・100・120秒間、キラーのスタート位置から最も離れた3つの発電機がブロックされ、修理が不可能になる。

開始後2分間、遠くの発電機をブロックできるパークです。

数少ない序盤の遅延をしてくれるパーク。開幕での発電機ラッシュをある程度抑えてくれます。
また、巡回すべき発電機の数が減るので、索敵にも多少役立ちます。
このパークが生きているうちに、ポータルの設置を済ませてしまいましょう。

呪術:破滅 + 呪術:不死

呪術:破滅 「呪術:破滅」
トーテムが一つ呪いのトーテムに置き換わる。
修理中でない発電機は通常の100・150・200%の速さで修理進行度が減少する。
対象の呪いのトーテムが破壊されると、上記の効果は失われる。

サバイバーが発電機から手を離すと、自動的に発電機の進行度が後退し始めるパークです。

減少速度は割と速く、トーテムが生き残っている限りは非常に強いパークと言えるでしょう。
その性質上、発電機を蹴ることで発動する「イタチが飛び出した」などとは相性が悪いですが、呪いのトーテムが破壊された後のことを考えて併用するのはありです。

また、「監視」との組み合わせも非常に強力です。
破滅での後退も監視の対象となるため、すべての発電機が触れられた瞬間に分かる状態になります。

「呪術:不死」
・トーテムが一つ呪いのトーテムに置き換わる。
・「呪術:不死」以外の呪いのトーテムが破壊されたとき、通常のトーテムが一つ呪いのトーテムになり、呪いが持続する。
通常のトーテムが残っていない場合、この効果は発動しない。
・トーテム(通常のトーテムと呪いのトーテム両方)の2m以内にサバイバーが近づいたとき、そのサバイバーが2・4・6秒間見える。

対象の呪いのトーテムが破壊されると、上記の効果は失われる。

呪いのトーテムが破壊されたとき、呪いを他のトーテムに移動させてくれるパークです。

このパークのおかげで、安定しなかった呪術パークがかなり長生きしてくれることがあります。
ただし、「呪術:不死」のトーテムが破壊された場合、それ以降は呪い移動効果が失われるので注意が必要です。


破滅+不死は、強力な遅延パークであるものの安定感が無いという破滅の弱点を、不死で補うという組み合わせです。運が良ければ、呪いのトーテムが壊れども壊れども破滅が生き残り、延々と発電機が進まない状況を作り出せることがあります。
一方で、レアケースですが不死→破滅の順で破壊され、数分で2パークになってしまうこともあります。

トーテム付近にポータルを開いて、いつでも探知できる状態にしておくと守りやすいと思います。

オススメ度:B 

選択は君次第だ

選択は君次第だ フック救助成功時に32m以上離れてる場合、効果発動。
フック救出を行った生存者を一撃で這いずり状態にする。
ただし、このパーク効果は40・50・60秒の時間制限がある。

発動すると、効果の再使用までに60秒必要。

通称「天秤」。キラーが肉フックから32m以上離れているとき、救助者を一分間ワンパン状態にします。 「決死の一撃(DS)」対策のタイマーとしても利用でき、とても快適です。

ポータルを利用して即座に肉フックへと戻ることができるデモゴルゴンとは相性の良いパークです。
デモゴルゴンを使う際にしばしば感じる「火力の無さ」を補ってくれます。
シュレッドではワンパン出来ないので、必ず通常攻撃で殴りましょう。

無防備を付与されたサバイバーは大胆な行動が出来なくなるため、多少の遅延効果も期待できます。被救助者と救助者のどちらを見つけてもよいので、心に余裕が持て精神的にも優しいパークです。

バーベキュー&チリ

バーベキュー&チリ 生存者をフックに吊るすと効果発動。
吊るしたフックから40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。
また各生存者を初めて吊るすと専用ポイントを1個取得する。(最大2・3・4個)
1個につき最終獲得BPが25%増加する。 (最大:50・75・100%)

獲得bpを最大2倍にする、最強のパークです。
オマケとして吊った時に遠くのサバイバーを発見できる効果もありますが、それだけが目当てなら次の「戦慄」を使った方がいいでしょう。
ロッカー回避や発電機裏回避が可能なため、索敵効果はそれほど当てに出来ません。二人映れば御の字といったところ。一応、ポータルでワープできるデモゴルゴンとの相性は良いです。

でも使っちゃう。bp欲しいから。

戦慄


戦慄 生存者を担いだ後、生存者によって修理中でない発電機すべてがエンティティによりブロックされ、次の16秒間修理不能になる。
ブロックされている発電機は白いオーラでハイライトされる。
このパークは100・80・60秒ごとに発動可能。

サバイバーを担いだ時に修理中の発電機がわかります。バベチリと効果が被るためか影が薄いですが、強力なパークです。
割とすぐにパークばれしますが、その場合はサバイバーに修理中の発電機がばれるか、16秒間の修理不可か(修理ゲージ約20%に相当=ほぼイタチと同等)のどちらかを迫ることができます。強い(確信)。
経験則ですが、発動すれば大体一台は分かります。

クールタイムが長いのがネック。バベチリ同様、イタチと相性が良いです。

協和音

不協和音 32・64・96m 以内の発電機を2人以上の生存者が同時に修理すると通知音が鳴る。
その後2人以上で修理中と、修理終了後8秒間はその発電機が黄色く表示される。

発電機に対する探知パークです。監視と違い、通知音が鳴ります。

例によってワープのあるデモゴルゴンとの相性は良いです。二人を発電機から散らせればそれなりの遅延にもなります。追わなかった一人がすぐに戻ってくることも多いですが。

興奮

興奮 生存者を担ぐと効果が発動する
自分の移動速度が6・12・18%上昇する
更に生存者が感知する殺人鬼の心音範囲を12m広げる

担ぎ時の移動速度が上がるパークです。吊るフックの選択肢が広がるため戦略的に有用なほか、地下吊りを狙いやすくなります。言わずもがな、ワープがあるデモゴルゴンの地下吊りは強いです。

より強く地下吊りを狙うなら、天秤や、後述の「縄張り意識」と組み合わせるといいでしょう。
「鋼の握力」と併用するとさらに遠くから地下へと連れていけますが、そこまでするのは少し過剰な気がします。

まやかし

まやかし 窓を越える速度が5・10・15%増加する。
生存者に対しその窓を8・12・16秒間封鎖する。
封鎖される窓は1つのみで、別の窓を越えるとその窓が新たに封鎖する

窓越え速度が上がり、さらに窓を封鎖できるパークです。
デモゴルゴンはシュレッドによってある程度は窓に強いですが、それでもあると便利なときは多いです。

不屈 + 怨霊の怒り

不屈 パレット(板)によるスタン時間を40・45・50%短縮する
怨霊の怒り

4・3・2個の板を破壊すると効果が発動。
次に板でスタンした際、瞬時にその板を破壊する。

板を2枚割って、怨霊の怒りのチャージ完了後、あえて板につっこみ破壊、不屈で短くなったスタン時間のおかげですぐさま攻撃可能になる組み合わせです。発動すればほぼ確実に一撃いれられます。
仮に攻撃が当たらずとも、板2枚ごとに1枚、無料で破壊できるということなので、強力。

デモゴルゴンはシュレッドがあるため、しばしば早めの板倒しを促せます。また歩きながらチャージしたり、遠くからのシュレッドで効率的に板を破壊できるため、怨霊のチャージも速いです。

パーク枠を圧迫するのがややネック。

ガラクタいじり

ガラクタいじり 発電機の修理進行度が70%に達したとき、その発電機が通知され、
12・14・16秒間探知不可状態になる。

完了間近の発電機が分かり、さらにそこそこ長く探知不可状態になれるパークです。

アップデートで効果時間、修理進行度の度合いが変わることで一気に有用性を増したパークです。
高速移動できるキラーと相性が良く、当然デモゴルゴンともバッチシです。

オススメ度:C

看護婦の使命

ナースコール 20・24・28m以内で治療をしている生存者と治療されている生存者のオーラを可視化する。

通称「ナスコ」。治療中のサバイバーを発見できます。
ポータル使用後の2秒間は探知不可状態となるため、油断した治療者を見つけられることがあります。
ウルトラレアアドオン「赤い苔」使用時は、探知不可状態が10秒間とかなり長くなるので、積極的に採用してもいいかもしれません。
また、ポータルでの地下移動中もオーラは見えるため時々写りこむことがあります。ちょっと便利。

後述の「観察&虐待」と併用すると、心音範囲が探知範囲よりも狭くなるため、より有効に使えます。
(探知範囲 28m > 心音範囲24mになるので、バレる前に探知範囲に入れる。)

発動すればとても便利ですが、一度も発動しない対戦もあったりと安定性に欠けるため、Cランクにしました。

観察&虐待

観察&虐待 非チェイス中、心音範囲が8m狭くなり、視界が3・5・10°広がる。
チェイス中は心音範囲が8m増加する。

 心音が狭まったり広くなったりするパークですが、主に狭くなることでサバイバーに近づきやすくなることが目的で使われます。

デモゴルゴンは何かというとうるさいキラーで、索敵がやや苦手です。このパークがあれば、心音を狭めてサバイバーを見つけやすくなります。

監視

監視 進行度が後退している状態のすべての発電機のオーラを白く表示し、それが生存者に食い止められると8秒・12秒・16秒黄色く表示する。
発電機の修理音の聞こえる範囲が8m広くなる

発電機を蹴った後、その発電機に最初にサバイバーが戻ってきたとき発見できるパークです。通知音は鳴らないので注意。
修理音の範囲が広がる効果も地味に有用です。壁の向こうや、建物の2階部分など、行きづらい場所の修理音が聞こえるようになるため、巡回の速度が上がります。
「呪術:破滅」と組み合わせれば、サバイバーが発電機から手を離した瞬間に後退が始まり、監視の対象となるため非常に強力です。もっとも、破滅のトーテムが壊れるまでですが。

デモゴルゴンはポータルで駆けつけられるため相性が良いです。イタチと合わせて使うと、一度の発電機キックで同時に仕込めるのでお得。
隠密が上手いサバイバーがいた場合、蹴って離れつつある時振り返ると黄色くなってることがよくあります。

また、デモゴルゴンがワープで移動している時も地上の音は聞こえるため、移動経路の近くに発電機があった場合修理音が聞こえます。意識して使うことは難しいですが、時々役立つので覚えておきましょう。

最後のお楽しみ

最後のお楽しみ 開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与する。
オブセッション対象者以外の生存者に攻撃を当てると、専用ポイントを1pt獲得する(最大8pt)。
攻撃を当てた硬直は1pt毎に5%減少する(最大40%)。
ただし、オブセッション対象者に攻撃を当てると、専用ポイントが4・3・2pt失う。
オブセッション対象者が死亡すると以後ポイントを得ることはできない

攻撃後のクールタイムを減らせるパークです。追撃が早くなるほか、最大までポイントを貯めれば、無理救助をする救助者を打ち倒すことができます。(救助モーション開始前に一撃、さらに次の一撃が間に合う。救助はされるが、吊り交換できる。)

デモゴルゴンに不足しがちな火力を補ってくれるパークです。
通常攻撃でのみポイントは増減するので、 オブセッション対象者を見つけてもシュレッドで攻撃すればポイントは減りません。そのため見逃さなければいけない他のキラーより相性が良いです。逆にシュレッドでポイントが増えることもないので注意。
ただ、オブセッションだからとシュレッドを当てることにこだわって外してしまうこともあるため、筆者は普通に殴ってしまいがちです。シュレッドは外した際のデメリットがデカすぎます。距離を取られた上に2秒も隙を晒すのは、チェイスを最初からやり直ししてるようなもんです。
そのため、おすすめ度はCとしました。確実にオブセをシュレッドで仕留められる方なら、積極的に採用しても良いかと思います。

番外:デモゴルゴンの固有パーク

まだパークの揃っていない初心者の方のために、固有パークについても解説します。こちらのページでキラーの共通パークについて解説しているので、合わせて見てパーク構成を考えてもらえたら良いかと思います。

デモゴルゴンの固有パークは「サージ」「マインドブレーカー」「無慈悲の極地」の3つです。

サージ

サージ 通常攻撃で生存者を瀕死状態にすると、32m以内の範囲にある全ての発電機が即座に爆発し、修理度が後退する。これにより修理度は8%後退する。
サージは60・50・40秒ごとに一度だけ発動可能。

おすすめ度:C

通常攻撃でサバイバーをダウンさせたとき、近くの発電機が爆発し、進行度が後退し始めます。(蹴った後の状態になる。)

数少ない遅延パークの1種ですが、発動するかはダウン位置によるため安定度に欠けます。またデモゴルゴンのシュレッドでダウンさせたときは発動しないため、やや相性が悪いです。
さらに、発動すると発電機進行度が後退を始めるので、「イタチが飛び出した」を決めることが出来ません。併用はしない方がいいでしょう。

大分ボロクソに書きましたが、決して弱くはないため、パークが揃っていないなら採用してもいいのかなと思います。

マインドブレーカー

マインドブレーカー 発電機を修理中、生存者が一時的に疲労の影響を受ける。
すでに疲労のタイマーが存在している場合、生存者が発電機を修理している間は疲労のタイマーが停止する。修理アクションを終えた後3・4・5秒間のみ一時的に疲労の影響を受ける。

おすすめ度:C

発電機を修理中のサバイバーが疲労するパークです。
疲労時間は5秒とそこそこなので、発動出来れば「全力疾走」や「デッドハード」の発動を防げるでしょう。

ただデモゴルゴンは心音が普通のキラーなので、気づかれて隠密されると5秒くらいすぐ過ぎちゃいます。なので相性は微妙ですね。

無慈悲の極地

無慈悲の極地 発電機の修理が完了するたび、修理が完了した発電機から32m以内の範囲にある全ての窓と乗り越え可能な地形が25・30・35秒間封鎖される。
生存者は封鎖された地点を乗り越えることができない。封鎖中、殺人鬼には無慈悲の極地で封鎖された場所のオーラが見える。

おすすめ度:C未満

発電機が完了するたび、その発電機の近くの窓が封鎖されるパークです。

字面だけだと強いか分からないかもしれませんが、使うとわかります。弱いです。
まず発動機会が最大でも5回しかありません。次に、発電機の32m以内(そんなに広くない)に窓があるかどうかはわかりません。また、自分から遠くで発動しても何の意味もありません。大抵の場合、発電機が直るのはキラーが遠くにいるときです。

他のパークを付けた方が断然マシです。個人的には、最弱パークの候補に入ると思います。



次のページでは、実際のパーク構成例をいくつか紹介します。