[DbD] プレステージすべき? ブラッドウェブ レア度調査!(レベル50×50周)

2020-02-21

このページでは、プレステージ0とプレステージⅢの、キラー(鬼)のブラッドウェブに出現したアイテム(アドオン、オファリング)のレア度を調査、比較した結果を紹介します。

前に書いた記事で、キラーのレベルが低い時には、プレステージしても出現するアイテムのレア度は変わらない、という結論を得ました。
しかしながら、実際に育成する際、レベル50は通過点に過ぎず、パークやアドオンの充実のためさらにレベル上げをすると思います。そのため、以前の結果だけでは不十分でした。
そこで、今回はレベル50以降のブラッドウェブに出現したアイテムのレア度を調査しました。

結果を見る前に、注意点が2つあります。

その1
筆者のデータにはプレステージⅠとⅡのキラーがおらず、またⅠやⅡの状態で50以上にレベル上げをするのも中途半端で嫌だったので、今回の対象はプレステージ無しとⅢの2つだけにさせていただきました。
ちなみに、数えたブラッドウェブの数は前回同様50周分ですが、今回は最初からブラッドウェブが最大の大きさなので、総アイテム数はかなり増えています。

その2
今回はプレステージ無しとⅢとで集計対象のキラーが違い、またそれぞれ異なる複数のキラーの合算になっています。具体的には、プレステージ無しはトラッパー、レイス、プレイグ、Ⅲはリージョン、ゴーストフェイス、鬼です。どのキラーもアドオンのレア度別の種類の分布が同じであり1、またキャラクター変化オファリング2の対象でもないので、問題ないと判断しました。しかし全く同じ条件ではないので、参考程度にお願いします。


さて、まずは筆者が下した結論を書きますと

アドオンはびみょーーにレア度上がってるかも

です。
以降は細かい結果について書いてきます。

アドオンのレア度割合

最初はアドオンのレア度を見ていきます。表とグラフをご覧ください。

多少Ⅲの方が良い…?

ウルトラレアの数はⅢの方がやや少ないですが、ベリーレアとレアの数は多く、それらの合計もⅢの方が多いです。レア以上の合計は無しが37.2%、Ⅲが39.1%となっています。そのため、若干ですがⅢの方が優れているように見えます。

オファリングのレア度割合

続いて、オファリングについても同様に見ていきます。

こちらはレア度の上昇はほとんど感じられません。
ウルトラレアとレアの数はⅢが勝っているものの、ベリーレアは3%も少なく、レア以上の合計は無しが37.1%、Ⅲが37.9%でした。

アドオン+オファリング レア度割合

最後にアドオンとオファリングの合計のレア度割合を見ていきます。

前の二項目に比べ、若干変化が少ないように見えます。ウルトラレア、ベリーレアの合計数はほぼ変わらず、レアはⅢの方がやや高いです。レア以上の合計は無しが37.2%、Ⅲが38.6%でした。ただし、Ⅲの方がコモンの割合が高く、アンコモンが少なくなっています。

まとめ

アドオンについては若干レア度が上がったのかなーって感じです。オファリングはほとんど変わりませんでしたが、そもそも高レアのオファリングなんて欲しいのウルメメくらいなので、そこはどうでも良いかと。

ちなみに筆者は、このほんのわずかな変化だけを目当てに、プレステージを回すのはやめた方がいいと考えます。プレステージを回すのにかかる膨大なbpを、回さずレベル上げに費やした方が余程大量のアドオンを獲得できるでしょう。気が遠くなるほどbwを回せば、その限りではないのかもしれませんが…
レア度上昇はあくまで血濡れ衣装のオマケと考えるべきかと。

脚注

  1. ウルトラレア2、ベリーレア4、レア5、アンコモン5、コモン4の合計20酒類
  2. 「暗黒の欠片」などの儀式開始時のキャラクターを変更するウルトラレアオファリング。シェイプ、カニバル、ナイトメア、ピッグの4種類あり、同じキラーのブラッドウェブには出現しない。次のアプデで出なくなるらしい。